横浜の動物病院 洋光台ペットクリニック

磯子区、港南区、金沢区、栄区で動物病院をお探しなら…

診察の流れ

動物の症状を詳しく伺います。

飼い主様から動物の症状について、詳しく伺います。

ちょっとした変化などは、いつも一緒にいる飼い主様だからこそ、気づくことも多くあります。既往症や投薬歴なども診察の重要な手掛かりとなります。 他院で検査やお薬をもらっている場合は、内容がわかるものをお持ちください。 また、下痢の場合は便を、血尿の場合は尿をお持ちください。

   
診察(聴診・触診・視診)します。
診察

診察(聴診・触診・視診)をします。

聴診、触診、視診を中心とし、客観的に異常所見を見つけ出します。いわゆる身体検査をしっかり行うことで、発見できる疾患はとても多いので、ここに十分な時間をかけることが重要だと考えております。 そして、飼主からの情報と診察によって見つけ出された異常から、考えられる疾患を絞り込みます。これを類症鑑別といい、ここから検査などを通じて病気を明らかにしていきます。

 
検査(血液・画像・その他)します。
検査 検査機器

検査(血液・画像・その他)をします。

類症鑑別の中から、疾患をさらに絞っていく必要性がある場合には、必要に応じて検査を行うことになります。画像診断や、血液検査、尿や便の検査、細胞診断などが含まれます。中には麻酔をかけないと行えない検査もあります。また費用の問題も出てくると思います。鑑別に必要であることを十分説明したうえで、飼い主様とご相談しながら検査を進めていきます。

 
治療・手術します
治療 または 手術 手術機器

内科、外科による治療、または手術を行います。

おおよそ病気がわかってきたところで、必要な治療法をご説明いたします。内科的治療、外科的治療、通院や入院などがあげられますが、個々の状況(動物の状態や性格、家庭環境や飼い主の考えなど)によって、最も飼い主様と動物がより良い関係でいられるような方法をメリット、デメリットを踏まえてきちんと説明させていただきます。 治療では、すべてが良い方向へ向かうとは限りません。更なる検査や治療が必要な場合には、今までの治療への反応を参考に次のステップへ進みます。これを繰り返すことにより、より適切な診断、治療に近づけるように努力いたします。

 

治療への反応により、再検討します。

管理機器