横浜の動物病院 洋光台ペットクリニック

磯子区、港南区、金沢区、栄区で動物病院をお探しなら…

病院情報・院内紹介

受付 待合室 検査室
受付 待合室 検査室
診察室 手術室 トリミング室
診察室 手術室 トリミング室
応接室 スタッフルーム ドッグラン
猫診察室 処置室

病院設備

手術

PKシステム 麻酔モニター 温熱療法

PlasmaKnetic System
(PKシステム)

大きな血管を止血する器械です。以前は血管は糸で結んで止血していましたが、その糸にアレルギー反応を起こし、再手術になってしまう子が増えてきました。この器械により糸を使わずに手術ができるようになりました。

麻酔モニター

麻酔時のモニター機器です。麻酔中の体の酸素濃度、二酸化炭素濃度、心電図、血圧、体温、心泊数が測定できます。これにより、より安全な麻酔が可能になります。

温熱療法
(ハイパーサーミア)

腫瘍細胞は熱に弱い性質があります。その性質を利用し腫瘍を治療する器械です。熱を与えると、血流が正常でない腫瘍細胞は消滅します。一方正常な細胞には血流が戻ることで再生します。一般の手術が不可能な症例に役立ちます。

電気メス 電気ドリル 体温管理装置

電気メス

電気の力で止血をしたり、組織を切開する道具です。当院の電気メスは従来の物に比べ組織へのダメージが少なく周囲への炎症を極力抑えた高性能のメスです。外科手術の基本となります。

電気ドリル

整形外科を行う際には必ず必要となります。骨に穴を開けたり、ピスやピンを打ち込むことができます。また、カッターにも利用できるため、ウサギの不正咬合を矯正する場合にも役立ちます。

体温管理装置

麻酔中は体温の管理が非常に重要となります。特に開腹する手術などでは術中に体温が低下し、麻酔のリスクが上がります。この装置は温風により、よりやさしく術中の体温低下を防ぐことができます。

検査

レントゲン(FCR) OsiriX 超音波診断装置

レントゲン装置
(FCR)

動物用デジタルレントゲンです。大型犬から小鳥まで、幅広く撮影することができます。デジタルでデータ-を解析し最良の画質を得ることが可能です。

OsiriX

画像データをー括してコンピューターで管理しています。画像の管理ソフトとして、そして、画像のピューワーとしてわかりやすく飼い主様に説明を行います。

超音波診断装置

超音波で体の中を見ることができます。麻酔を必要としないので動物への負担も少ないです。当院の装置はハイスペック機種となっております。

血液生化学検査 内視鏡 血液生化学検査

血液生化学検査

血液検査の器械です。採血をしたその場で、肝臓、腎臓、その他様々な血液中の値を測定できます。動物の正常値を書いた表といっしょに、飼い主さんにお渡ししています。

内視鏡

胃カメラとして知られています。口から挿入し、胃や十二指腸、肛門からは大腸を見ることができます。また、異物の摘出や臓器の病理検査に使用します。

血液生化学検査

血球計算と共に血液検査の基本となります。腎臓、肝臓、栄養状態などを測定し、病気を判別します。正常値が記入されている表と共に、飼い主様にお渡ししています。

血液ホルモン検査 血液ガス検査 血液凝固検査

血液ホルモン検査

血液中のホルモンの値を測定します。甲状腺と副腎からのホルモンの測定が中心となります。甲状腺や副腎のホルモンは多くの病気の基礎疾患となるので、注意が必要です。

血液ガス検査

血液中に溶け込んでいる、期待を測定します。きちんと肺で酸素と二酸化炭素の交換が行われているか、腎臓で酸とアルカリがきちんと制御されているかなどを、測定します。

血液凝固検査

血がきちんと止まるかを評価します。手術を安全に行うために必要な検査です。また、出血がとまらない病気はとても重篤であることが多いので、注意が必要です。

血球計算機 眼科検査・耳道検査

血球計算機

血液検査の基本となります。血液中の赤血球、白血球、血小板の数を調べます。また数だけでなく、白血球の種類や赤血球や血小板の大きさも測定でき、診断に役立ちます。 

眼科検査・耳道検査

眼の表面や眼の中を注意深く観察するための器械です。しゃべれない動物にとって、眼は手遅れになると失明する危険性が高まります。初期の検査が重要であると考えています。 耳の穴の中をのぞく器械です。人間より耳の穴が長い動物は簡単に外耳炎などを起こしてしまいます。この器械をパソコンにつなぐことで、大きな画面で耳の中を見ることができます。

顕微鏡

顕微鏡

細菌やカビだけでなく血液細胞を注意深く観察します。当院では、血液細胞の顕微鏡検査に力を入れ、多くの感染性の病気に対して評価を行っていますので、顕微鏡レンズは最高レベルのものを使用しています。

管理

ICU 近赤外線発生製置 酸素濃縮機

ICU

重症の動物達の管理を行う部屋です。酸素の濃度を上げたり、室温の調節を行うことができます。スタッフが一番目に付く場所に設置されているので、小さな変化も見逃さないようにしています。

近赤外線発生製置

近赤外線は組織の活性化に大きな役割を果たします。口内炎や皮膚病、関節炎や椎間板ヘルニアなどの炎症にとても良く効きます。また、手術後の傷の治り方も早くなります。

酸素濃縮機

空気中の酸素を濃縮することができます。呼吸器疾患などで濃度の高い酸素が必要なときに使用します。また、同システムをレンタルすることもできるので、呼吸器疾患の動物をご家庭で管理する場合に便利です。

遠隔監視カメラ

遠隔監視カメラ

高性能の監視カメラです。当院は24時間体制の動物病院ではありませんが、監視カメラにより、重篤な入院動物を監視することができます。夜間においても可能な限りに動物の変化に気づけるよう、努力しております。